平成29年3月26日 日曜日

引越しも終わり、ひとまずの働き口と収入を確保できた。

あとはこのまま年度を終えるだけ。

ほっと胸をなでおろした後に、新たな不安がやってくる。

良い方向へ向かっているのかもしれないけれど、変化が心底しんどい。

 

今の毎日は幸せなことなんだとひしひしと感じる。

生まれ育った地元で、生まれ育った家で、

家族と毎日暮らしている。

静かな時間がなくストレスを感じるときもあるけれど、母のご飯を食べれて、洗濯掃除も家族がしてくれる。

思う存分仕事と勉強に当てられる。

遊ぶところは少ないけれど、美味しいお店やおしゃれなカフェはそれなりにある。

ゆったりとした時間が流れていて、人も優しく、心地よい。

職場の人間関係も良好で、こんな毎日が続けばいいのにと思う。

家族と喧嘩することが多く、その度に家を出て恋人と暮らしたいと願っていたけど

恋人と暮らせば学生の頃のように喧嘩が増えるのではと不安に思う。

完璧な人生を作れるわけもなく、常に右往左往、不安と背中合わせで枝分かれした道をふらふら歩いている。

今歩み進めている方向が正しいのか、どうなのか。

わからないし自信がない。

もう何にも自信が持てなくなった。

何を信じればいいのかわからなくなった。

いつから私の足取りはこんなに震えるようになったのだろう。

この1年だって、前進してきたのに。

自分なりに、前進してきたのに。

何故こんなに、人と比べて苦しくなるんだろう。

人と比べて勝るものにも、なんの喜びも見出だせなくなったのだろう。

手に入れたものは、一瞬で輝きを失う。

この先、これの繰り返しなのだろうか。