読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12月31日(土) 晴れ

なんだかんだと降らなかった雪もとうとう積もり、白い世界で大晦日。

こんなに不安いっぱいの正月は無いんじゃないかって思う。

年末の面接大爆死が尾を引いてるね。

 

仕事、辞めたくない。

辞めたくないのに辞めるなんて言えない。

悲しませたくない。ガッカリさせたくない。

でも恋人の気持ちも大切にしたい。

一緒にいたい。

迷ってる。ずっと迷ってる。ここで性急に選択すれば絶対に後悔する気がする。

でも、どんな選択をしても必ず誰かをガッカリさせる。

それが嫌だけど、選択はしなきゃならない。そんなとこまで来てる。

 

未来のことを考える。

はるか先の、定年の頃とか。

今の仕事で、お金持ってる高齢の方を見るけど

威張り散らしたり無理難題要求する人もいれば、しなやかで上品な人もいる。

お金も大事だけれど、ありすぎても意味がない。

必要なだけあって、それでいて、そこからも無理せず増やしていけるスキルを身につけていたい。

そして、人としてきちんと成熟していたい。

そのためには、年相応の苦労を積んで、辛酸を舐めて、学んでいかなきゃならないのかも。

たくさんの人と関わって、自分と違う人たちを受け入れて、そして自分自身を省みて作り変えていく。

今までの私は、「今」も「自分」も重要視しすぎてた。未来や過去をおざなりにしていた。

その場その場で生きて来すぎた。

どんなに苦くても過去を振り返って噛み締めて、未来への不安も胸に抱いて

それでも今その時を自分と戦ったり向き合ったりしながら踏みしめて1日1日生きていきたい。これからは。

 

 

自分にとって幸せな人生って何か、考えて

その実現のために選んでいかなきゃならない。

 

世間一般の理想じゃあ、いい会社入ってたくさん給料もらえるよう働いて、高級品を買って

いい会社に勤めてる人と結婚して、専業主婦だろうとキャリアウーマンだろうと子供もうけて

仕事するなら仕事と両立して

夫に愛されて、美容にもお金かけて美しく歳をとっていく。

いったいそんな風に順調にいく人生なんてどれほどあるんだろう。

 

いい会社ってなんだかわかんないけど、毎日仕事して、その仕事の中で評価されたり、学んだり。

一喜一憂したりして、社会の一部になって生きる。

もらえるお給料から貯蓄して、運用にも分配して、少しずつ積み立ててたまに休日を満喫する。

愛する人と一緒に余暇を過ごして、一緒に成長して、一緒に人生を考える。

子供を授かったら、大切に見ていてあげたい。

そして、育てつつ自分の希望も追いかけたい。

未来へ向かって踏み出す姿を子供に見せていたい。

美容にお金をかけれずとも、自分の生き方が自分自身を美しくみせてくれるように

人として美しい行いをして、人として美しくさっぱりとした女性に熟していきたい。