読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月18日(金) 晴れ時々小雨

朝晩の空気は冬になりつつある。

みぞれはもう降ったけど今がちょうど落葉の時期らしい。

通勤路沿いに広がるイチョウの絨毯から秋が香る。

 

職場の向かいには、こじんまりとしたパン屋がある。

値段は100円〜200円で手を伸ばしやすい価格。

加えて女性が喜びそうなおしゃれなカフェスペースとドリンクメニュー。

昼休みや仕事帰りによく利用する。

いつも静かで落ち着いているこの店は、疲れを癒すのにもってこいだった。

昔から塩パンが好きで、このお店でも必ず塩パンを食べる。

また、普段は菓子パンを食べないが、このお店にある生クリームをサンドしたパンを最近気に入って

ここのところ塩パンとその生クリームサンドばかり買う。

職場の喧騒から離れて、トースターで温めなおした塩パンを味わいながら窓の外のイチョウを眺める。

至福のひととき。

私にとって大切なこのお店が、なんともうすぐ閉店してしまうらしい。

私はこの先どこで休養を取ればいいのだろう。

どこで癒されればいいのだろう。

どうか閉店しないで欲しい。

なんて言っても、お店側も事情があるのだろう。

うまくいかない世の中だ。

 

 

飼い犬がもうすぐ14歳になる。

最近身体の調子も悪くなってきて、人間でいうとかなりおじいちゃんなのだと思う。

この間は倒れて失神してしまい酷く焦った。

もうすぐ死んでしまうんだろうか。

死ぬときのことを考えると、もっと遊んであげればよかった、もっと一緒に居てあげればよかった、

もっと世話をしてあげればよかった、なんて後悔が溢れる。

今こうして一緒にいれることが幸せだ。

今一緒にいれるときに、たくさん愛情を注ごうと思う。

ちゃんと最後まで看取りたいけど、叶うだろうか。

死んで欲しくないけど、いつか死ぬなら見届けたい。

あんまり世話は焼かなかったけど、いつも可愛がっていたし愛してた。

身勝手で自分勝手な愛情ですけど。

 

何事も終わりが来るんだなあ。