4月17日(日) 暴風雨

地震が続いている。熊本はどうなるんだろう。

九州は地震が少なかっただけにはじめは驚いた。

東日本大震災が起きたとき、これから数十年は大きな地震が続くだろうと言われた。

当時それを聞いたとき、目の前が真っ暗になったような気分で、未来を憂い、絶望の淵にあった。

それでも5年経った今、少なくてもわたしの周りではそんな悲観的な思いなど無く、当たり前に平和な未来を思い描いている。

絶望の未来は忘れ去られた。

今回の熊本地震でも、わたしの身近な人はこう言った。

「でもさ、地震じゃあしょうがないよね。」

「しょうがない」という言葉で蓋をされたものたち。

こうして、悲惨な可能性は考えないようにして、今まで通りに生きていく。

今までどおりが一番心地いい。

そうしてそのいつも通りの毎日の中で、突然の悲劇が身を襲う。

その時も同じように言うのだろうか。

「しょうがないよね。」