4月10日(日) 曇り

疲れきっている。
自分だけ?
バリバリ仕事を頑張ってるマダム達もたくさん居る職場。
でも、その中には思考を止めちゃってるとしか思えない人たちもたくさん居る。
変化を諦めちゃった人たち。
そうはなりたくないけど、それ以前にそんなマダムたちの領域までいくこと自体で手一杯。
年下で優秀な人たちがたくさん居る。
虚しくなる。悔しくなる。
比べちゃえば、レベルの低い環境でだらだらやってるんだろうな。
でも自分だからこそできることも多少なりともあるらしい。
頭がいいと言われる。自分ではそうは思えないけど、たまに周りとの違いを感じることがある。
ただ単に、真面目で情報量も多いだけな気もするけど…。
かといって、本当に頭がいいとして、それでも挽回できないくらい仕事のセンスがないし対人スキルが低すぎる。
最低限人と関わらず作品を作ってる方が向いてるんじゃないかとも思う。
けど人と接するのは嫌いじゃない。
ああ、こんなんでこの先どうやって生きていけばいいんだろう。
一生懸命にならずともなんとか生きていけるものだろうか。うん、たぶん。
世間体さえ気にしなけりゃあなあ。
世間体やライバル視している同期たち、強固なプライドがくせ者だ。
頑張りたくないなあ。努力とか頑張るって言葉にはうんざりなんだよなぁ。
明石家さんまだっけ?
努力って言葉は怠け者たちが作った言葉だ。それはただ行動しているだけだ。
なんてことを言ったのは。
ほんと、そうだよなぁ。
頑張ろう、頑張らなきゃ、なんて思うと息苦しくて吐き気がしてくる。
そんな気負わずに、ただその時その時で行動の選択をすればいいんだろうに。
それを良い選択出来ないから、がんばれがんばれって自分の脳ミソに言い聞かせてるんだろうな。自分もそっち側の人間だな。