読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月24日(木) 強風

もうすぐ春だけど、風が冷たい。さむい。

この先のルートを何通りも考えて、どれにしようか考えあぐねていたけど、仕事中にはっとした。
そんな風な考え方は、ふわふわ宙に浮いて遠く遠くから夢物語を考えて書き上げているみたいだ。
今、ここに立っていない。
いつだって今をしっかり味わって生きることが何よりも大事なのに、将来のことを考えてばかりでなんてバカだったんだろう。
なるようになる。
今自分に出来る精一杯のことをやればそれが最も素晴らしいことなんだ。



休日、ちょっとした工作をした。
良い出来なので、恋人にあげようかと思う。
恋人のことを思えば、きっと彼以上に自分に合う人は居ないと思うし、彼とこれからも生きていきたいと思う。
けれど、こうして今彼抜きでずっと生きていて、その寂しさがあまりにも大きすぎて、なんでこんな思いをしなければならないんだと憎み始めてしまいそう。
彼は何を思ってこの寂しさと向き合っているんだろう。
仕方ない?こんな辛い思いをするのも仕方ない?本当にそうなのかな。
この辛さは彼から与えられたもの?それとも自分の中から出てきたもの?彼を責めるのは間違ってるの?苦しい。
あーあ。いっそ彼以上の人と出会えたら、今の機会をありがたく思えるだろうに。