2月5日(日) 晴れ

最近、ずっと不安ばかりでなかなか息抜きが出来ていない。

何をやってもガスが全然抜けない。

いつも頭の片隅に、お金の不安、仕事の不安、結婚の不安があって

隙を見ては顔を出す。

考えまくったところで、答えが出ないこともある。

動くことでしか見えてこないこともある。

考えすぎず、今を楽しめたらいいんだけど…。

 

臆病で自信をなくした私は、世間の意見に頼らなきゃ何も選べなくなった。

自分自身の意志で選ぶことが出来なくなった。

なんて情けないんだろう。

あんなに力強かった自分はどこへ行った?

いや、そんな自分は居なかったのかも。

いつも自分を肯定できなくて、客観的に評価できることに拠り所を求めて、

私は周りよりこんなに優れてるんだよね、そうだよね、って見比べて安心感を得ようとするけれど

結局何もなく空っぽのままだった。

いつだって自信が持てないままで、そのおかげで頑張れたこともあったけれど

社会の評価や異性の評価に飢えてすがろうとしたところで、幸せになれないこともわかってる。

自分を本気で想ってくれる人と、自分自身の人生を大切にできれば、あとは自由に選択して生きてみてもいいんじゃないのかな。

今の私は、自分の意志で選択して、力強く歩んでいける勇気が欲しい。

その芽はもう出ている気がする。

「いい加減私も慎重に生きなきゃ」なんて気持ちや「思いきって行動して後悔したことだってあったでしょ」って気持ちが、臆病に裾をつかんでなかなか踏み切れないような。

でもわかってる。

この臆病な手を振り払って跳躍するときが必ず来る。

そしてもうすぐその時期がやってくる。

戦闘準備をしながら、期を待って

あとは踏み出すだけだろう。

1月26日(木) 晴れ

夢を見た。

大学時代に戻る夢。

後悔がたくさんあるから、戻ってやり直せたらどれだけ人生を変えられるんだろう。

もう一度やり直せたら、もっと多くのことに挑戦するだろう。

就職についてもっと悩むし、そのためにたくさん本を読み、色んな方法を試してみるだろう。

バイトのチョイスももっと賢くできるし、時間の使い方ももっと有意義にする。

付き合う人間ももう少し選ぶし、お金のやりくりも上手くやる。

ファッションだって考えて選んでマシにする。

完璧な大学時代なんて無理かもしれないけど、ずっと価値の高いものにできたはずだ。

とは思いつつ、こんな風に過ごしていたら得られなかったものも得た。

等身大で過ごしていたからこその四年間でもあった。

自分なりに多く挑戦したと思う。

かけがけの無いものも手に入れた。

戻ってやり直すのも少しもったいないとさえ思う。

昔の自分と今の自分、けっこう変わったなあ。

学生時代、これはこれであるがままを大切に思っていたい。

それでもって、過去を振り返った気持ちを、未来にも向けて、よーく考えながら生きていきたい。

1月16日(月) 大雪

酷い雪で、家の前の川が氾濫した。

雪がつまって塞き止められて、家の前は汚い茶色の水でくるぶしまで。

なんということだ。

今日はもちろん、図書館での勉強はあきらめました。

車の運転危ないもん。

 

 

恋人と来年度のことを色々話していて、あまりにも言葉足らずで考えが食い違ってたことに気付かされた。

そして何より、自分のことに気をとられ過ぎて、二人で、って考え方が抜け落ちていた。

一緒に暮らすなら生活も二人でするし、結婚したらそれこそ財産も家庭も二人で築く。

一人で気張らなくてもいいんだ。

周りと比べて焦っていても、二人で分かち合えばまた別の基準になる。

出遅れてたとしても、二人で一緒に少しずつ挽回していけば良いんだろう。

そのために二人でいるんだろう。

ふーん、結婚ってそんなものなのかな。

収入や貯金を共有するなんて今まで全く考えてなかったけど、ほとんどの夫婦はそうしてるのかな。

一人で「いくら稼いでいくら貯めなきゃ~!」って考えるよりは、ずっと幸せなやり方なのかな。

1月1日(日) 晴れ?

明けましておめでとうございます。

 

この正月休みのうちに、将来のことちゃんと考えないとなあと思ってて

こたつでゴロゴロしたり湯船浸かったりして考えようとしてみた。

でも、ただひたすら考えて考えてもあたまんなかぐちゃぐちゃになるだけ。

それよりは、占ったりネットで調べたりしてる方が頭が整理される。

入ってくる情報に対して抱く感情を観察すれば自分の気持ちも少しはわかってくると思う。

 

今の仕事は辞めたくない。

楽しいし、職場の人間関係も良好だ。

辞めるかもって話をポロリとすれば、「上司ガッカリするだろうなあ」なんて言われて、辞めたくない気持ちが強まった。

恩を感じてるし、まだ経験できることがたくさんあると思う。

家族問題だけネックだけど、それでも辞めない選択肢が強い。

 

一方で、恋人の期待に応えたい気持ちもあって、新しい環境に二人でチャレンジしたい思いもある。

そして、既に内定が出てしまっているのも悩ましい。

正社員だし給料も大幅にアップする。

それを考えたら今の仕事は非正規だし低賃金だ。

 

もう、悩ましくて悩ましくて、

全部正直に上司に相談したい。

年度変わっても置いてください。ただし、納得行く転職先見つけたら年度途中で辞めます。

なんて言っちゃいたい。ひどい。

 

しかし、それを行動に移す前に、はっきりさせておかなきゃならないこともある。と思う。

どこが納得行かなくて、結局何がやりたいのか。

12月の面接で、かなり突っ込まれて苦い思いをした。

答えられなかった。こんがらがるばかりだった。

それってどうやって解き明かせるわけ?

12月31日(土) 晴れ

なんだかんだと降らなかった雪もとうとう積もり、白い世界で大晦日。

こんなに不安いっぱいの正月は無いんじゃないかって思う。

年末の面接大爆死が尾を引いてるね。

 

仕事、辞めたくない。

辞めたくないのに辞めるなんて言えない。

悲しませたくない。ガッカリさせたくない。

でも恋人の気持ちも大切にしたい。

一緒にいたい。

迷ってる。ずっと迷ってる。ここで性急に選択すれば絶対に後悔する気がする。

でも、どんな選択をしても必ず誰かをガッカリさせる。

それが嫌だけど、選択はしなきゃならない。そんなとこまで来てる。

 

未来のことを考える。

はるか先の、定年の頃とか。

今の仕事で、お金持ってる高齢の方を見るけど

威張り散らしたり無理難題要求する人もいれば、しなやかで上品な人もいる。

お金も大事だけれど、ありすぎても意味がない。

必要なだけあって、それでいて、そこからも無理せず増やしていけるスキルを身につけていたい。

そして、人としてきちんと成熟していたい。

そのためには、年相応の苦労を積んで、辛酸を舐めて、学んでいかなきゃならないのかも。

たくさんの人と関わって、自分と違う人たちを受け入れて、そして自分自身を省みて作り変えていく。

今までの私は、「今」も「自分」も重要視しすぎてた。未来や過去をおざなりにしていた。

その場その場で生きて来すぎた。

どんなに苦くても過去を振り返って噛み締めて、未来への不安も胸に抱いて

それでも今その時を自分と戦ったり向き合ったりしながら踏みしめて1日1日生きていきたい。これからは。

 

 

自分にとって幸せな人生って何か、考えて

その実現のために選んでいかなきゃならない。

 

世間一般の理想じゃあ、いい会社入ってたくさん給料もらえるよう働いて、高級品を買って

いい会社に勤めてる人と結婚して、専業主婦だろうとキャリアウーマンだろうと子供もうけて

仕事するなら仕事と両立して

夫に愛されて、美容にもお金かけて美しく歳をとっていく。

いったいそんな風に順調にいく人生なんてどれほどあるんだろう。

 

いい会社ってなんだかわかんないけど、毎日仕事して、その仕事の中で評価されたり、学んだり。

一喜一憂したりして、社会の一部になって生きる。

もらえるお給料から貯蓄して、運用にも分配して、少しずつ積み立ててたまに休日を満喫する。

愛する人と一緒に余暇を過ごして、一緒に成長して、一緒に人生を考える。

子供を授かったら、大切に見ていてあげたい。

そして、育てつつ自分の希望も追いかけたい。

未来へ向かって踏み出す姿を子供に見せていたい。

美容にお金をかけれずとも、自分の生き方が自分自身を美しくみせてくれるように

人として美しい行いをして、人として美しくさっぱりとした女性に熟していきたい。

 

 

12月25日(日) 晴れ

三連休、いい天気だった。

 

この間、職場の人にそれとなく転居のことを行ってみた。

「じゃあ、辞めちゃうの?」

そんな話になって、自分の気持ちも明確になってきた。

今の仕事は楽しい。 

月曜日が全然苦じゃなくて、人間関係も良好。

いい人たちばかりで、いい職場だ。

お客様も好きだ。

ありがとうと言われたとき、喜ばれたとき、楽しく話できたとき、嬉しい。

資格もとって、勉強して、期待されて。

このままこの先も働いていく。

そんなイメージの方が強い。

辞めたくない。それが私の気持ちだった。

だけど彼を1人にさせて、もっと距離が遠くなって、寂しい思いをさせて…と考えると、辞めない選択肢を選べない。

前の会社で苦しんでたとき、支えてくれたのは彼だった。

死にたくなるほど気が滅入っていたとき、包んで守って支えてくれた。

関西に行ったときも、会いに来てくれた。

その次の場所でも、大晦日ちょっとでも会いに来てくれたし、熱出したときは助けてくれた。

今だって、愛されて、大切にされて、いつもニコニコ見守ってくれる。

本当に彼には助けられて、救われて、大切にされて、感謝してるし報いたい。

だから彼が大変なときにひとり放って別々に暮らすなんて。

12月4日(日) 晴れ

あっという間に時間が過ぎる。

転職活動も少しずつ始めたものの、

求人を見れば見るほど軸がぶれて、何をすればいいのかわからなくなってくる。

 

自分のことを過信しすぎる。

それは新卒の就活でもあったことだ。

 

自分を信じなきゃ選べない道もある。

でもあまりにも自分の手に負えない道では途中で進めなくなってしまうかも。

 

いつだって強さに憧れて、力に引かれて選択をするけど

それすらも弱さの証で

自分の弱さをしっかり理解して安全な道を選ぶことも、間違いじゃないんだろうなあ

 

家族仲も非常に悪いし

仕事もあるし

転職活動も進んでいく

資格試験もどんどん迫ってくる。

 

あ~私今めちゃくちゃ泥水すすってるな~

なんて思うときが最近ある。

外回りしてボロクソに扱われた時とかね。

自分が有利だからってなんでも思い通りにしようとするの、やめない?平気で傷つけようとしたり、物のように扱うの、やめない?って思ったり。

 

そんなとき、その泥水をぐっと噛み締めて静かに味わうようにする。

今は泥水すする時なんだ。この味を忘れちゃいけない。

いっぱい泥水すすって、この経験をしっかり自分に焼きつけなくちゃ、と思う。

これから這い上がっていきたいから、そのためだと思って。

自分は大器晩成なんだ、絶対にこの悔しさを力に変えてやるんだ、って思わないと

やっていられない。

 

そのくせ、キャリアを選びきれないところもある。

自分のキャリアのための最善を捨てて、女性としての生き方も優先しようとしてるし。

本当に自分は欲張りだなあと思う。

 

欲張ってばかりじゃ、解決策のある問題も解決できなかったりするのにね。